糖尿病に効くサプリ!糖尿病予備軍からの脱出

youhukuya.exblog.jp
ブログトップ

糖尿病かどうかのセルフチェック

「血糖の自己測定」

糖尿病患者の中には主治医から自分で血糖の測定をするように言われることがあります。日常的に自分で血糖値を測ることは糖尿病と闘っていく上で非常に重要になります。やはり直接血糖の状態を把握できるという点が強く、日頃自分で行っている対策がどれだけ血糖に影響を与えているのかということを知ることができ、さらに血糖改善の質を高める際にも、自分の血糖を知ることができれば適した治療を行えます。

特に、インスリン療法を行っている方の場合には医師との打ち合わせを考慮した上で、検査値に応じてインスリンの量を自己調整できる点が魅力的です。さらに、日頃から血糖を測ることができれば多くのデータを得ることができるわけですから、主治医が治療方針を立てる際にも資料として有効活用することができます。この点を考えると、測定した血糖はしっかりノートに記録し、受診時に持参することが大切になります。

「血糖自己測定を行うべき人」

血糖自己測定を行うように指示される患者さんには次のような特徴があります。

①1型糖尿病の人
②2型糖尿病で、インスリン治療を行っている人
③妊娠中あるいは妊娠を希望する人
④低血糖になりやすい人

また、これ以外の方でも、血糖値が変動しやすいという方は血糖値を小まめに測定し、それに応じたインスリンの調整をすることが大切になります。1日に測定する回数やタイミングは主治医から指示があると思うので、それに従いましょう。

「小型の測定器があればどこでも簡単に測定できる」

家庭で血糖検査をする場合には、血糖自己測定器というものを使用します。測定をする際には採血を行うのですが、再起では機器の改良が進んでいるため、そのときの痛みもほとんど無くなってきているそうです。

また、測定器には「酸素電局法」によるものと、「光電比色法」によるものがあります。これらは測定方法が異なります。ただ、いずれにしても専用の針を指先に指し、血液を一滴ほど絞り出すことになります。その後はセンサーに吸引させることで自動的に血糖値を測定することができます。

測定にかかる時間は1~2分ほどになります。使用後の片付けも簡単で、持ち運びも簡単に出来るサイズですので、職場や旅行先にも持っていくことが可能です。購入方法やどの器種を選ぶかという点は主治医と相談するようにしましょう。


[PR]
by dkm9olwd | 2015-08-05 12:43