糖尿病に効くサプリ!糖尿病予備軍からの脱出

youhukuya.exblog.jp
ブログトップ

妊娠すると糖尿病になりやすいのか?

「糖尿病になっても妊娠、出産はできる」

以前までは、糖尿病になった人は妊娠も出産も難しいと言われていました。しかし、現在では医学も進み、糖尿病の女性でも他の方と変わらずに元気な赤ちゃんを産むことができます。しかし、安全にそれを行うためには、糖尿病が一体どのような影響を胎児や妊娠に与えるのかという点を理解し、それに対する策を万全にすることが必須となります。

まず頭に入れておいてほしいのが、血糖値が高いと奇形児が生まれる可能性が高まるという点です。妊娠初期における血糖を良好にしておけば、その確率は下げることができます。つまり、妊娠していることが分かってから糖尿病対策をしても遅いということです。計画的に妊娠を迎えることが重要となります。

また、妊娠前に網膜症や腎症を罹患していないかという点も調べておかなければなりません。さらに、経口血糖降下薬を使用されている方に関しましては、インスリン注射に変える必要があります。と言うのも、経口血糖降下薬が胎盤を通じて胎児に影響してしまうからです。薬の効果によって、胎児の血糖値までもが低下してしまうのです。インスリンは胎盤を通過することができないため、そのような懸念をせずに済みます。

「血糖コントロールをより細かく行う」

妊娠中にはインスリンの効果が薄れるため、糖尿病が悪化する恐れがあります。また、合併症の発病やその進行の危険も考えられため、より細かな血糖コントロールが必要とあります。例えば、食事療法だけでは血糖値を正常に維持できないという場合には、インスリン療法を行うことになるケースがあります。

インスリンを妊娠前から使用している方については、妊娠中期以降になるとますますその必要量が増します。もし血糖コントロールが十分でないと、胎児が大きくなり過ぎてしまったり、産後に低血糖となってしまったりする可能性があります。さらに、糖尿病を患っている女性は妊娠中毒も引き起こしやすいと言われています。体重管理も徹底するようにしましょう。

糖尿病の方が妊娠を希望する場合には、まずは医師への相談をするようにしましょう。注意事項はたくさんあります。元気な赤ちゃんを生むためにも、適切に対処することが重要です。


[PR]
by dkm9olwd | 2015-08-05 12:44