糖尿病に効くサプリ!糖尿病予備軍からの脱出

youhukuya.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

妊娠すると糖尿病になりやすいのか?

「糖尿病になっても妊娠、出産はできる」

以前までは、糖尿病になった人は妊娠も出産も難しいと言われていました。しかし、現在では医学も進み、糖尿病の女性でも他の方と変わらずに元気な赤ちゃんを産むことができます。しかし、安全にそれを行うためには、糖尿病が一体どのような影響を胎児や妊娠に与えるのかという点を理解し、それに対する策を万全にすることが必須となります。

まず頭に入れておいてほしいのが、血糖値が高いと奇形児が生まれる可能性が高まるという点です。妊娠初期における血糖を良好にしておけば、その確率は下げることができます。つまり、妊娠していることが分かってから糖尿病対策をしても遅いということです。計画的に妊娠を迎えることが重要となります。

また、妊娠前に網膜症や腎症を罹患していないかという点も調べておかなければなりません。さらに、経口血糖降下薬を使用されている方に関しましては、インスリン注射に変える必要があります。と言うのも、経口血糖降下薬が胎盤を通じて胎児に影響してしまうからです。薬の効果によって、胎児の血糖値までもが低下してしまうのです。インスリンは胎盤を通過することができないため、そのような懸念をせずに済みます。

「血糖コントロールをより細かく行う」

妊娠中にはインスリンの効果が薄れるため、糖尿病が悪化する恐れがあります。また、合併症の発病やその進行の危険も考えられため、より細かな血糖コントロールが必要とあります。例えば、食事療法だけでは血糖値を正常に維持できないという場合には、インスリン療法を行うことになるケースがあります。

インスリンを妊娠前から使用している方については、妊娠中期以降になるとますますその必要量が増します。もし血糖コントロールが十分でないと、胎児が大きくなり過ぎてしまったり、産後に低血糖となってしまったりする可能性があります。さらに、糖尿病を患っている女性は妊娠中毒も引き起こしやすいと言われています。体重管理も徹底するようにしましょう。

糖尿病の方が妊娠を希望する場合には、まずは医師への相談をするようにしましょう。注意事項はたくさんあります。元気な赤ちゃんを生むためにも、適切に対処することが重要です。


[PR]
by dkm9olwd | 2015-08-05 12:44

糖尿病にも種類がありますよ!

糖尿病の種類は4種類に大別されます。成因によって、分類されているのです。そのため、それぞれの病状や経過、症状の現れ方に応じて治療方法を選択する必要があります。

「糖尿病は4種類に大別される」

糖尿病を1種類の病気だと認識していた方も中にはいたのではないかと思います。しかし実際には、「どういった理由によって糖尿病になったのか」ということがひとつの区分基準となり、4種類に大別されています。それでは、1つずつ見ていきましょう。

①1型糖尿病
これは、インスリンの分泌量の低下によって高血糖になるタイプのものになります。そのため、注射によってインスリンを補給してあげる必要があります。以前までは「インスリン依存型糖尿病」と称されており、若年層の方に多いのがひとつの特徴となります。

②2型糖尿病
日本人では圧倒的に多いタイプになります。具体的には、糖尿病患者の内、およそ9割がこのタイプに分類されます。これは、インスリンの欠乏、働きの低下が原因となって起こるものになります。しかし、1型と異なりインスリンの注射を打たなくともよかったため、「インスリン非依存型糖尿病」などと呼ばれていたこともありました。

③特定の原因によるその他の糖尿病
遺伝子異常による糖尿病や二次性糖尿病などが分類されます。ここで、二次性糖尿病とは膵炎や膵臓がんと言った、糖尿病とは別の病気が発端となって起こるもののことを指します。また、副腎皮質ホルモン剤などの薬が引金となり発症することもあります。

④妊娠糖尿病
妊娠がきっかけとなり見つかった糖代謝異常がこの妊娠糖尿病になります。妊娠中には胎盤からインスリンの作用を弱化してしまうホルモンが分泌されるのですが、それが原因となり発症します。

⑤二次性糖尿病の原因となる主な疾患・病態
ここでは具体例を挙げたいと思います。膵臓病、肝臓病、薬物や化学物質(副腎皮質ホルモン、経口避妊薬など)、感染症(先天性風疹症候群など)、免疫学的異常、遺伝的症候群(ダウン症候群など)


[PR]
by dkm9olwd | 2015-08-05 12:44

糖尿病かどうかのセルフチェック

「血糖の自己測定」

糖尿病患者の中には主治医から自分で血糖の測定をするように言われることがあります。日常的に自分で血糖値を測ることは糖尿病と闘っていく上で非常に重要になります。やはり直接血糖の状態を把握できるという点が強く、日頃自分で行っている対策がどれだけ血糖に影響を与えているのかということを知ることができ、さらに血糖改善の質を高める際にも、自分の血糖を知ることができれば適した治療を行えます。

特に、インスリン療法を行っている方の場合には医師との打ち合わせを考慮した上で、検査値に応じてインスリンの量を自己調整できる点が魅力的です。さらに、日頃から血糖を測ることができれば多くのデータを得ることができるわけですから、主治医が治療方針を立てる際にも資料として有効活用することができます。この点を考えると、測定した血糖はしっかりノートに記録し、受診時に持参することが大切になります。

「血糖自己測定を行うべき人」

血糖自己測定を行うように指示される患者さんには次のような特徴があります。

①1型糖尿病の人
②2型糖尿病で、インスリン治療を行っている人
③妊娠中あるいは妊娠を希望する人
④低血糖になりやすい人

また、これ以外の方でも、血糖値が変動しやすいという方は血糖値を小まめに測定し、それに応じたインスリンの調整をすることが大切になります。1日に測定する回数やタイミングは主治医から指示があると思うので、それに従いましょう。

「小型の測定器があればどこでも簡単に測定できる」

家庭で血糖検査をする場合には、血糖自己測定器というものを使用します。測定をする際には採血を行うのですが、再起では機器の改良が進んでいるため、そのときの痛みもほとんど無くなってきているそうです。

また、測定器には「酸素電局法」によるものと、「光電比色法」によるものがあります。これらは測定方法が異なります。ただ、いずれにしても専用の針を指先に指し、血液を一滴ほど絞り出すことになります。その後はセンサーに吸引させることで自動的に血糖値を測定することができます。

測定にかかる時間は1~2分ほどになります。使用後の片付けも簡単で、持ち運びも簡単に出来るサイズですので、職場や旅行先にも持っていくことが可能です。購入方法やどの器種を選ぶかという点は主治医と相談するようにしましょう。


[PR]
by dkm9olwd | 2015-08-05 12:43