糖尿病に効くサプリ!糖尿病予備軍からの脱出

youhukuya.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

高血圧予防のために始めたい生活習慣とは?

高血圧の改善のためにはいろんな方法がありますが、病院に行かなくてもできる生活習慣の改善があります。そういった方法にはどのようなものがあるか考えてみましょう。

まず、肥満の解消です。肥満は、体に様々に悪影響を及ぼすことで知られていますが、高血圧を招く要因にもなりえます。というのは、内臓脂肪が増えることで、血糖値を下げるインスリンというホルモンの機能が悪くなり、血糖値を下げるためにインスリンが過剰に分泌されるようになってしまうからです。

インスリンには、血糖値を下げる一方で、塩分の排泄を妨げる作用があるため、インスリンが増えすぎた場合には血液中の塩分濃度が高くなってしまって血圧が上昇します。高血圧予防のための肥満対策としては、食事の摂取カロリーを減らしたり、運動をしたりすることが基本で、それによって肥満を解消していきます。

また、肥満の中でも、特に注意が必要なタイプの人がいます。それは、お腹まわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満(りんご型)」です。へその高さで測られる腹囲が、男性は85cm以上、女性は90cm以上になる場合、内臓脂肪型肥満の可能性があり注意が必要となります。

また、高血圧の原因にストレスがあると言われています。

過度のストレスを受けた場合、私たちの体の中ではストレスと戦うために、さまざまなホルモンが分泌されるようになり、心拍数の上昇や血管の収縮が起こり、その影響で血圧が上昇します。またストレスによって、交感神経が活発になることも、高血圧を招く要因となってしまいます。

現代に生きる私たちは日常生活を送りながら、ストレスを受けないことは難しくなっていますが、ストレッサーから上手に距離を置いたり、ストレスを発散したり、気分転換する方法を自分で見つけるようにすると良いでしょう。手軽にできるリラックス方法としては「腹式呼吸」がいいでしょう。

複式呼吸の正しい仕方としては、まず背筋を伸ばして、ゆっくりとお腹をへこませながら、鼻(口)から息を吐き出し、息を吐き切ったら、今度は鼻から息をゆっくり吸い、お腹をふくらませるという動作を繰り返すことです。この時、吐くことを意識的に行いましょう。息を吐ききることで、吸う息は自然に体の中に入ってきます。お腹が膨らんでいるのかどうかしっかり確認してくださいね。

そして、喫煙もまた高血圧の原因になります。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるため、血管が細くなって血が通りにくくなり、そのため血圧が上昇するようになります。もしもニコチン中毒になってしまった場合、タバコを長時間吸わないだけで、ストレスがたまってしまい、血圧がどちらにしても上がるようになります。高血圧を予防するためには、吸わないのが一番ですから、頑張って禁煙するようにしましょう。

こちらも参考にしてください⇒http://xn--18jt80g4hgm8ovw4b.net/

[PR]
by dkm9olwd | 2015-12-01 16:39